合格者の勉強法

行政書士,難易度

 行政書士試験はここ数年、非常に難易度の高い国家資格として認識されるようになりました。それに伴い、受験生の中には「細かな知識まで習得しなければ受からない」という誤った認識で学習に臨んでいる方がたくさんいるようです。
しかしながら、これは決してやってはいけない勉強法。
マニアックな知識ばかりを追いかけて、基礎がおろそかになってしまっては、まさに本末転倒であると言えます。

 「行政書士の難易度が上がった」とよく言われますが、実際には問題の難易度自体が大きく変化したわけではなく、むしろ受験生の質の低下が問題になっているのです。
そもそも受験資格というものが定められていないために、誰でも受験できる行政書士は、この不況下において特に注目されるようになりました。しかしながら、受験者の中には基礎も間々ならずに本試験を迎える者も多く、こうした背景が合格率の低下を招いたのです。

 よって、「行政書士は難易度的にはさほど従来とは変わっていない」ということが言えます。
もちろん、多くの受験生をふるいにかけるわけですから、中には奇問・難問も出題されています。ですが、これらは合格点を確保する上では何ら影響しない部分。基本的な問題を確実に得点できれば、必ず合格できる試験なのです。

 合格者はこのことをしっかりと把握しているので、勉強過程においては必要以上にマニアックな知識を習得しようとしません。その代わりに心がけているのは、基本問題を何度も演習し、,「基礎知識の定着を図ること」です。

 行政書士の難易度をいたずらに恐れることなく、基礎重視の勉強を徹底しましょう!
必要事項がコンパクトに、しかも分かりやすくまとめられている教材を次章でご紹介しますので、ぜひ参考になさってみてください。