択一式は基礎知識が命

行政書士,難易度

 ある日、とある予備校の講座案内に目を通していると、
「行政書士試験は近年、問題自体が格段に難易度アップしている」という文言を目にしました。そういわれてみると、同様のことを謳っている広告はそこら中にあるようですね。
最近の合格率の低下に伴い、行政書士試験は内容そのものが高難易度化の傾向にあるという見解が主流なのでしょうか。

 受験生時代、確かに過去問演習などを通して「年度の新しい問題には結構難解な選択肢のものが多いな」と思ったことがありました。受験生が年々増加しているのですから、合格者を選別するためにはどうしても行政書士試験自体の難易度を調整する必要性が生じてくるのでしょう。

 しかしながら、行政書士は全体の60%が正答であれば合格できる試験です。内容的には難解な設問が含まれているとしても、それらが全体の40%以上を構成しているとは、とうてい考えられません。
極端な話をすれば、奇問・難問の類は解けなくても、ちゃんと合格できてしまうんです。
行政書士難易度がひと昔前と比較して確実に高くなっているとは言っても、あくまで基本的な内容理解で十分に合格ラインに達することが出来るというわけなんです。

 とりわけ、択一式では、記述式以上に基礎知識の網羅が得点につながってきます。
選択肢はかなり細かい部分で誤りを作っているのですが、落ち着いて読み込むことが出来れば難なくクリアできるはずです。
受験勉強の段階では、必要以上に奇問・難問に意識するのではなく、基礎的なことを確実に判別できるよう手を広げすぎないことが、行政書士の高難易度を征するための秘訣です。
学習の過程ではついつい「あれもこれも・・・」になりがちですが、これはNG!
そのためには、ある程度出題される事項が集約されたコンパクトな教材が実力を発揮してくれることでしょう。