合格者はこれくらい!勉強時間の目安

行政書士,難易度

 行政書士試験の難易度アップに伴い、受験生達の勉強時間はどのように変化しているのでしょうか?ここでは、合格者の平均学習時間数に注目して、どの程度の学習が必要になってくるのかを考えていくことにしましょう。

 冒頭でご紹介したとおり、いろいろな方のブログを見てみると、行政書士平均勉強時間数は「500~1000時間」の間であることが分かります。
数字上ではずいぶん開きがありますが、これは個々の法律に関する知識の差や受験年数の違いによって異なってくるようです。
行政書士難易度アップに関連して急激に時間数が増えた、ということは必ずしも言えず、合格のためにはある程度の時間の確保が必要になってくるのかなといった印象ですね。

 さて、そこで気になってくるのが、ネット上の広告によくある予備校の「●ヵ月でOK」のキャッチコピー。上記の平均時間数をこの●ヵ月の数字で割ると・・・。1ヶ月あたり膨大な時間を費やさなければならない計算になりますね。
行政書士難易度アップの背景で、「やっぱりガリ勉にならなきゃダメなのね~」と嘆きたくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、どうかご安心を。
アナタがもしも教材選びの段階で正しい選択ができていたとするならば、学習時間数はぐんと抑えることが可能なんです。

行政書士の高まる難易度に対応すべく、現在巷には様々な学習ツールがありますが、そのクオリティにはかなり差があります。
仮に教材選びに失敗してしまったとしたら、効率が悪い上にさほど必要な知識も身につかず、ただ時間だけを無駄にすることにもなりかねません。
しかしながら、自宅で落ち着いて学習を進めることの出来る通信教育を選択したならば、きっと行政書士の難易度アップをものともしない実力を短期間で身につけることが出来るはずです!
「行政書士程度なら独学で」の時代はすでに終わっています。
人生における貴重な時間ですから、通信教育の効率の良い勉強で、行政書士の難易度をクリアできる実力をさくっと習得するのが断然オススメです!